心ふれあい、やすらぎに
満ちる豊かな時間。
さあ、輝く日々をごいっしょに。

お問い合わせ・ご相談窓口は

TEL:092-554-0294
FAX:092-554-0295

シティ・ケアサービスTOPシティケア長住ケアセンター

○ケアセンター(居宅介護支援)ってなに?


居宅介護支援は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、ケアマネージャーが、利用者の心身の状況や置かれている環境に応じた介護サービスを利用するためのケアプランを作成し、そのプランに基づいて適切なサービスが提供されるよう、事業者や関係機関との連絡・調整を行うサービスです。

○このような時にご利用いただくサービスです

介護認定を受けたいが、
どうしていいか分からない。

ケアプラン(介護支援計画書)を
作って欲しい。

介護保険のサービスを利用したい。

住宅改修を行いたい。

介護全般について相談したい。

○在宅生活を応援します(要介護1以上の方を対象にしたサービスです)

介護を必要とする方やご家族からの依頼に基づき、「ご自宅で快適に安心して生活していくために、どのようなサービスを受けることが最適なのか」を一緒に考え、居宅サービス計画書(ケアプラン)を作成致します。

この計画書に基づくサービスが滞りなく受けることができるようにサービス事業者との連絡・調整を行います。ご利用開始後も定期的に毎月訪問することで、状況の変化を把握し、必要に応じて支援計画の見直しを行うことで、住み慣れたご自宅で安心して生活していただけるようお手伝い致します。

※「社会福祉法人による利用者負担の軽減制度」適用事務所です。
※要介護1以上の認定を受けた方が、ご利用対象となります。要支援認定の方につきましては、地域包括支援センターが相談窓口となります。

○サービス開始までの流れ

1:相談窓口
ケアマネージャーがご利用者様のご自宅に伺って相談に応じ、心身の状況把握、必要な助言を行います。
2:要介護認定の申請代行
ケアマネージャーが介護認定の判断を行なった上で、ご家族の方に代わって区役所の介護保険課へ申請致します。
3:訪問調査
区役所の訪問調査員が、ご利用者様の心身の状況を訪問調査します。
4:介護サービス計画書の作成
ご利用者様、ご家族の方と相談しながら、サービス事業所と連絡・調整し、「居宅サービス計画書(ケアプラン)」を作ります。
5:利用開始
サービス事業者と契約を結び、ご利用開始となります。
6:ご利用開始後
サービス利用開始後も定期訪問により心身状況の把握に努め、
必要に応じて、サービス計画の見直しとそれに伴う必要な手続を代行いたします。

○料金表

居宅介護支援は、ご利用者の負担金はございません。(無料)

重要事項説明書

ケアマネージャーは、ご自宅で生活されている利用者様のお体の状態や家庭、生活環境などにおける困りごとやご希望を伺いながら、利用者様がもっとも快適にお暮らしいただける環境づくりのお手伝いすることが仕事です。
 介護保険サービスの利用に際しては、サービスを過剰につめこんで楽なほうに流れるのではなく、本人様に残った力を有効に活用して自立のお手伝い、尊厳と誇りを持てる生活環境の整備を主軸においたプランを立てることが最も重要です。
 他方で、在宅介護を支えるご家族は、様々なご負担を抱え込んでしまい、知らず知らずに疲れがたまっておられます。
ケアマネージャーは、ご家族が抱えておられる困りごとを親身に伺い、ご本人の自立支援を念頭に介護サービスの活用や福祉用具、住宅改修をご提案することでご家族の心と体の重荷を軽減する役割をも担っています。
介護保険のサービスや利用手続きは、複雑で分かりにくいのですが、ケアマネージャーに相談することで、手続きやサービス事業者への連絡・調整を代行してもらうことができます。
(介護保険制度ではケアマネージャーのサービスは無料です。)

さて、ケアプラン(介護サービス計画書)では「自分で入浴をすることができる」などの目標を立てます。
今のお身体の状況と浴室環境を確認し、どのような福祉用具を活用し、どのような手順で入浴をすれば安全に負担なく入浴できるのか、どのような動作に絞って練習をすべきなのか、細かいところまで相談・助言を行い、毎月その状況を確かめに伺うことが私たちの約束です。
 少しずつ、ご自身でできることが増えていく喜び。これは、人としての尊厳を保ちながら年を重ねていく中で大きな支えになり、家庭に明るさをもたらします。

 私たちのお手伝いがうまくいくことは、私達の仕事が終わることを意味します。
利用者様とご家族だけで無理なく生活できることを目指す仕事であることを忘れてはいけない、自立の妨げになるような過剰なサービスをご提案してはいけないという点をしっかりと理解していることがケアマネージャーにとって非常に重要です。

ケアセンター長住の施設長は元ケアマネージャー。
施設長以下、すべてのケアマネージャーが、自分の立てるケアプランが皆さんの生活の質に大きくかかわって来るという責任感と、利用者様とご家族の幸せを願う気持ちを常に念頭に置きながら職務にあたっています。